よしかわーるど

プログラミングで世界を変える

2018-09-30

何もやらず、環境のせいにするのはやめろ

何もやらず、環境のせいにするのはやめろ

どうも、よしかわです。

最近、他の人の記事を見ていて、こういう記事を書いてみたいと思い立ちました。

今回は、僕の思っていることを書き殴っていきます。

ハッキリ言います。個人的な意見です。

自分の周りを変えるのは、 自分の行動次第 だと思っています。

意見があるなら、僕のTwitter

自分の大学について

まず、F ランク大学の定義を考えみましょう。

F ランク大学とは、「ボーダーフリーランク」という河合塾が定めた「偏差値が 35 未満、もしくは受験者数が著しく少なく合格者平均点の測定が困難なため偏差値の測定が不可能な大学」

上記のことを比較して考えると、僕の大学は F ランク大学ではない。E ランク大学なのかなと思います。

学生について

ガジェットが好きな学生がいます。

プログラミングが好きな学生がいます。

常に自分の未来を考えてる学生がいます。

ずっとスマホアプリゲームで遊んでる学生がいます。

情報科なのに、テクノロジが嫌いな学生がいます。

授業中ずっと寝ている学生がいます。

上記のように、自分を高めてくれる学生がいれば、自分のやる気を削ぎ落としてくる邪魔者もいます。

何に困ったか

僕の大学では、未来を見ている学生が少ない気がする。

言うならば、自分のことをあたかも他人のように生活している学生が多いということです。

文句ばかり言うやつに限って、自分で行動しないやつが周りにいる。

僕が、「こうすればいいんじゃないか?」という助言をすれば、「いや、やりたいけどやれない」とやってもいないのに否定するやつがいる。

そういった人間を自分で動かすのはとても気力がいるということに気づきました。

きっかけ

僕がめちゃくちゃ尊敬している先生に一言いただきました。

「下を見ない。もっと上を見るべき。」

僕は下を見ないことに決めました。

つまり、僕にとって邪魔者であると認識した人のことを気にかけないということです。

また、僕がやりたいことを必死にやることにしました。

行動を変える

僕は、インプット・アウトプットの機会を増やすことを専念しました。

まずは、とりあえず触ってみる。新しいことに触れて、深く掘っていく行動にしました。

学生のうちに挑戦して失敗しても無傷。これは、学生の特権ではないでしょうか。

高い学費を払っているのだから、図書館に通いこんで本を読み漁ります。

一番良かったことは、 他大学の学生、企業の人と交流すること です。

これは、自分から行動をしていかないと難しいと思います。だからこそ、自分の行動を変えます。

ついに、今年の夏休みにインターンに参加することが出来ました。

やりたいことが見つからない

やりたいことが見つからない ということをよく聞きます。

これは言い訳ではないかと今でもずっと思っています。

何もやらず、過ごすのをやめろ

やりたいことが見つからないなら、やりたいことを見つけるのに必死になれ!

大丈夫だ、死なないから。

僕はずっとこういう考えでがむしゃらに人生を過ごしてきました。

まとめ

何もやらず、過ごすのをやめろ。

自分の周りを変えるのは、自分の行動次第。

自分のやりたいことを必死にやる。結局は自分の行動次第だと思います。

やりたいことが見つからないなら、やりたいことを見つけるのに必死になれ!大丈夫だ、死なないから。

僕が言いたかったことはこれくらいです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。