よしかわーるど

プログラミングで世界を変える

2018-10-01

ターミナルをカスタマイズする

ターミナルをカスタマイズする

どうも、よしかわです。

今回は、Mac のターミナルをカスタマイズしていきます。

対象読者

  • Mac を使っている人
  • 自分だけの環境が欲しい人
  • かっこいいエンジニアになりたい人

はじめに

僕の周りのターミナルを見たら、こんなターミナルだったんです。

terminal

↑ の白黒のターミナルだったんですよね、しかも文字小さい

かっこいいターミナルを作って欲しいという思いで書いていきます。

事前準備

Mac に Homebrew が入っていることを前提に書きます。

インストール時に Xcode が入っている必要があるので、入っていない方は AppStore から Xcode を導入しましょう。

それでは、Homebrew をインストールするために、ターミナルで以下のコマンドを入力

/usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
brew doctor

これで iTerm2 をダウンロードする環境が整いました!

iTerm2 を使う

Mac の標準のターミナルを使っても良いんですけど、もっと便利なアプリがあるので紹介します。

ターミナルで以下のコマンドを入力

brew cask install iterm2

テーマを変えてみる

僕の好きなテーマは Monokai Vivid

git clone git@github.com:mbadolato/iTerm2-Color-Schemes.git

シェルを変えてみる

たいていの Unix 系 OS のデフォルトのシェルは bash です。

技術力があるエンジニアがよく使っている zsh に変更してみましょう!

brew install zsh

インストールが完了したら、/etc/shellsに zsh のパスである/usr/local/bin/zshを追加します。

/bin/bash
/bin/csh
/bin/ksh
/bin/sh
/bin/tcsh
/bin/zsh
# 追加
/usr/local/bin/zsh

ログインシェルを変更しましょう。

chsh -s /usr/local/bin/zsh

プロンプトを変えてみる

シンプルイズベストな pure に変えてみましょう。

以下のコマンドでインストールします。

curl -sL --proto-redir -all,https https://raw.githubusercontent.com/zplug/installer/master/installer.zsh | zsh

~/.zshrc を編集します。

【追記】12月28日に.zshrcを修正しました。

yoshikawataiki/dotfiles

autoload -U promptinit; promptinit

export ZPLUG_HOME=~/.zplug
source $ZPLUG_HOME/init.zsh

# alias
alias l='ls -ltr'
alias la='ls -la'
alias ll='ls -l'
alias rezsh="exec $SHELL -l"
alias ge='cd $(ghq root)/$(ghq list | peco)'
alias gh='hub browse $(ghq list | peco | cut -d "/" -f 2,3)'
alias ...='cd ../..'
alias ....='cd ../../..'

setopt auto_cd
setopt auto_list
setopt auto_menu

# ls 時の色を設定する
export CLICOLOR=true
export LSCOLORS='exfxcxdxbxGxDxabagacad'
export LS_COLORS='di=36:ln=35:so=32:pi=33:ex=31:bd=36;01:cd=33;01:su=31;40;07:sg=36;40;07:tw=32;40;07:ow=33;40;07:'

# plugins
zplug "plugins/git", from:oh-my-zsh
zplug "zsh-users/zsh-autosuggestions"
zplug "mafredri/zsh-async", from:github
zplug "sindresorhus/pure", use:pure.zsh, from:github, as:theme
zplug "zsh-users/zsh-syntax-highlighting"
zplug "zsh-users/zsh-autosuggestions"
zplug "zsh-users/zsh-completions"
zplug "chrissicool/zsh-256color"

# Install plugins if there are plugins that have not been installed
if ! zplug check --verbose; then
   printf "Install? [y/N]: "
   if read -q; then
       echo; zplug install
   fi
fi

# Then, source plugins and add commands to $PATH
zplug load

上記で編集終わったら、source ~/.zshrc を実行するとプラグインのインストールが始まります。

以下のターミナルになったら完成です!お疲れ様でした!

pure

関連の記事

vimをカスタマイズする

tmuxをカスタマイズする

参考文献

お前らのターミナルはダサい@kinchiki